1. ホーム>
  2. 寡婦(夫)控除

寡婦(夫)控除

寡婦(夫)控除

寡婦(寡夫)控除

前年12月末日の時点で、納税者本人が次の条件を満たす場合は、寡婦(寡夫)控除として所得から控除できます。

 

寡婦の場合

控除適用条件住民税控除額所得税控除額
  • 夫と死別又は離婚※1
  • 前年一年間の合計所得金額が500万円以下
  • 子を扶養親族としている※2
30万 35万
  • 夫と死別又は離婚
  • 扶養親族又は生計を一にする合計所得金額が38万円以下(前年一年間)の子を有する
26万 27万
  • 夫と死別
  • 前年一年間の合計所得金額が500万円以下

注)夫と離婚した場合で、扶養親族や生計を一にする合計所得が38万円以下(前年一年間)の子を有しない場合は、寡婦控除の適用は受けられません。

 

寡夫の場合

控除適用条件住民税控除額所得税控除額
  • 妻と死別又は離婚※1
  • 前年一年間の合計所得金額が500万以下
  • 扶養親族又は生計を一にする合計所得金額が38万円以下(前年一年間)の子を有する※2
26万 27万

※1 離婚や死別していない場合でも、夫や妻の生死が明らかでない場合は条件の対象となります。なお、離婚、死別両方の場合において、前年12月末日の時点で再婚している場合は条件の対象となりません。

※2 続柄が子の場合、扶養親族にしていなくてもかまいませんが(特別の寡婦控除(住民税:30万円、所得税:35万円)の適用を受ける場合は扶養親族にする必要がある)、納税者本人以外の者の扶養親族になっている場合は条件の対象となりません。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247‐33‐2118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る