1. ホーム>
  2. 所得割の調整措置額控除

所得割の調整措置額控除

所得割の調整措置額控除

所得金額が、住民税(町県民税)の所得割の非課税基準を若干上回る場合、住民税(町県民税)を引いた後の所得金額が、非課税基準の所得金額を下回ることのないよう、税額を減額するものです。

 

調整額の算出方法

1-2=調整措置額控除額

  1. 350,000円×(1+控除対象配偶者及び扶養親族の人数の合計)+320,000円
  2. 総所得金額等-算出所得割額

※上記計算式で算出された金額がゼロ又はマイナスの場合は控除されません。

例)総所得金額等:2,100,000円で控除対象者配偶者及び扶養親族が3人おり、所得割額が99,000円の場合

上記1で算出される額:350,000円×5+320,000円=2,070,000円

上記2で算出される額:2,100,000円-99,000円=2,001,000円

調整措置額控除額:1-2=69,000円

よって、69,000円が所得割額から控除される。

所得割額:99,000円-69,000円=30,000円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247‐33‐2118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る