1. ホーム>
  2. 生命保険料控除

生命保険料控除

生命保険料控除

納税者が、前年一年間において、(1)受取人のすべてを、本人又は配偶者、その他親族とする生命保険契約又は生命共済契約等に係る保険料や掛金(これを「一般生命保険料」といいます)を支払った場合、又は、(2)介護(費用)保障又は医療(費用)保障を内容とする主契約又は契約に係る保険料等(これを「介護医療保険料」といいます)を支払った場合、(3)個人年金保険契約に係る保険料や掛金(これを「個人年金保険料」といいます)を支払った場合は、以下の基準に当てはめて算出される金額を所得から控除できます。

前年一年間の支払保険料額控除可能額
15,000円以下 支払保険料の全額
15,000円超 40,000円以下 支払保険料×1/2+7,500円
40,000円超 70,000円以下 支払保険料×1/4+17,500円
70,000円超 一律35,000円

※「一般生命保険料」、「介護医療保険料」、「個人年金保険料」を上の表の基準に照らしてそれぞれ算出し、合計した金額が控除額となります。(最大7万まで)

 

<参考>所得税の場合

所得税の計算においては、基準および控除可能額が住民税の計算と異なります。

平成24年1月1日以降に契約した保険の場合(新契約)

前年一年間の支払保険料額控除可能額
20,000円以下 支払保険料の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

※「一般生命保険料」、「介護医療保険料」、「個人年金保険料」を上の表の基準に照らしてそれぞれ算出し、合計した金額が控除額となります。(最大12万まで)

 

平成23年12月31日までに契約した保険の場合(旧契約)

年間の支払保険料等控除額
25,000円以下 支払保険料の全額
25,000円超 50,000円以下 支払保険料×1/2+12,500円
50,000円超 100,000円以下 支払保険料×1/4+25,000円
100,000円超 一律50,000円

※「一般生命保険料」、「個人年金保険料」を上の表の基準に照らしてそれぞれ算出し、合計した金額が控除額となります。(最大10万まで※介護医療保険料も支払っている場合は最大12万まで控除可能)

 

補足

新契約の保険(介護医療保険除く)と旧契約の保険双方について控除の適用を受ける場合、それぞれの基準に照らして控除額を算出のうえ合算しますが、上限額は4万円となります。

例)「一般生命保険料」につき、前年一年間の支払保険料額が新契約分:20,000円、旧契約分80,000円だった場合

新契約分の控除可能額:20,000円・・・・ア

旧契約分の控除可能額:45,000円・・・・イ

控除可能額(合算):ア+イ=65,000円⇒40,000円(上限額を超える場合は上限額となる。)

※したがって、この場合は、旧契約分のみを控除対象としたほうが有利になります。(旧契約だけの場合だと、上限額が50,000円のため、45,000円を控除することができる。)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247‐33‐2118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る