1. ホーム>
  2. 調整控除

調整控除

調整控除

所得税と住民税では、人的控除において基礎となる控除額が異なる(所得税の方が大きい)ため、その差分を調整するために行われる控除です。住民税の所得割が課税されている場合、次の基準に基づいて調整控除額が算出され、所得割から控除されます。

 

(課税総所得金額+退職所得金額+山林所得金額)が200万円以下の場合

1と2のいずれか小さい額×5%(町民税分:3%、県民税分:2%)

5万+人的控除の差額・・・1
(課税総所得金額+退職所得金額+山林所得金額)・・・2

 

(課税総所得金額+退職所得金額+山林所得金額)が200万円以上の場合

(1-2)×5%(町民税分:3%、県民税分:2%)

5万+人的控除の差額・・・1
(課税総所得金額+退職所得金額+山林所得金額)-200万円・・・2
※(1-2)が5万円を下回る場合、5万円となる。

 

<参考>住民税と所得税における人的控除の差額

控除の種類区分所得税住民税人的控除の差
障害者控除 普通 27万円 26万円 1万円
特別 40万円 30万円 10万円
同居特別 +35万円 +13万円 22万円
寡婦(夫)控除 一般 27万円 26万円 1万円
特別寡婦 35万円 30万円 5万円
勤労学生控除 27万円 26万円 1万円
配偶者控除 一般 38万円 33万円 5万円
老人 48万円 30万円 10万円
扶養控除 一般 38万円 33万円 5万円
特定 63万円 45万円 18万円
老人 48万円 38万円 10万円
同居老親等 58万円 45万円 13万円
基礎控除 38万円 33万円 5万円

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247‐33‐2118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る