1. ホーム>
  2. 配偶者控除および配偶者特別控除

配偶者控除および配偶者特別控除

配偶者控除および配偶者特別控除

配偶者控除

納税者が前年12月末日の時点(死亡した場合には死亡日)において、生計を一にする配偶者を有しており、かつ、配偶者の前年一年間の合計所得金額が38万円以下の場合、配偶者控除として所得から控除することができます。また、配偶者の年齢が前年12月末日の時点で、70歳以上の場合、老人控除対象配偶者として通常の配偶者控除額に5万円が加算されます。(所得税の計算においては10万円)

 

配偶者控除額

配偶者の年齢(前年12月末時点)住民税の控除額所得税の控除額
70歳未満 33万 38万
70歳以上 38万 48万

「生計を一にする」の意味合い

「生計を一にする」とは、同一の生活共同体に属して日常生活の資を共にしていることをいいます。同居しているかどうかは問わず、例えば、勤務の都合や就学などのために別居している場合であっても、余暇には起居を共にしたり、常に生活費等を送金しているような場合には、「生計を一にする」と判断されます。同居している場合であっても、明らかに互いに独立して日常生活の資を共にしていないような場合には、「生計を一にする」とはいえません。

 

配偶者特別控除

納税者が前年12月末日の時点において、生計を一にする配偶者を有しており、かつ、配偶者の前年一年間の合計所得金額が38万円超、76万円以下の場合、次の基準に応じた金額を配偶者特別控除として所得から控除することができます。

配偶者特別控除額(住民税の場合)

配偶者の前年一年間の合計所得金額控除額
45万円未満 33万円
45万円以上75万円未満

38万円-(配偶者の合計所得金額-38万)

※()内の額が5万円の整数倍から3万円を引いた金額でないときは、5万円の整数倍から3万円を引いた金額で、当該金額に満たないもののうち、最も多い金額になる。

75万円以上76万円未満 3万円

 

配偶者特別控除額(所得税の場合)

配偶者の前年一年間の合計所得金額控除額
38万円以上40万円未満 38万円
40万円以上75万円未満

38万円-(配偶者の合計所得金額-38万)

※()内の額が5万円の公倍数から3万円を引いた金額でないときは、5万円の公倍数から3万円を引いた金額で、当該金額に満たないもののうち、最も多い金額になる。

75万円以上76万円未満 3万円

こちらもご確認ください⇒配偶者控除や扶養控除における注意点

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247‐33‐2118

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る