観光スポット

天狗党の墓

天狗党の墓01
天狗党の墓02

江戸時代末期の元治元年(1864年)、水戸藩の過激派浪士は、尊王攘夷の旗を掲げて筑波山に挙兵しました(水戸天狗党の乱)。しかし、天狗党は分裂により弱体化し、八溝山において再決起を図りましたが、党員20名は棚倉藩兵にとらわれ、斬刑に処せられました。
当時の棚倉藩主松平周防守康英が供養碑「三界万霊塔」を建立し、現在では天狗平と呼ばれています。

名称 天狗党の墓(てんぐとうのはか)
所在地 〒963-6145
福島県東白川郡棚倉町大梅字段河内地内
おすすめ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは棚倉町観光協会です。

電話番号:0247-33-7886

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る