1. ホーム>
  2. 棚倉町観光協会>
  3. 観光スポット>
  4. 棚倉城跡(亀ケ城公園)

観光スポット

棚倉城跡(亀ケ城公園)

『棚倉城跡(亀ケ城公園)01』の画像『棚倉城跡(亀ケ城公園)02』の画像『棚倉城跡(亀ケ城公園)03』の画像

『棚倉城跡(亀ケ城公園)04』の画像『棚倉城跡(亀ケ城公園)05』の画像

元和元年(1622年)、常陸国古渡より棚倉に移封された丹羽長重は、幕府より築城の命を受け寛永元年(1624年)、近津明神(都々古別神社)を馬場の地に遷宮し、翌2年、その跡地に棚倉城の築城に着手し、寛永4年(1627年)に完成しました。
慶応4年(1868年)、戊辰戦争で落城するまでの240余年、8家16代の城主交代があり、お堀に住む大亀が水面に浮かぶと決まってお殿様が転封されたということから、別名「亀ケ城」ともいわれています。
土塁の上には南北朝時代の板碑や棚倉城規模碑、畑俊六(はたしゅんろく)元帥終焉の碑などがあります。また、西側外堀跡には約160mにわたり石垣が残っています。

春にはお堀の内外に植えられた約500本の桜(ソメイヨシノ)が咲きほころびます。夜間には、ライトアップされ、幻想的な桜を楽しめます。
(例年、4月上旬~中旬頃が開花時期です。)

祭り

4月中旬の土・日曜日、「十万石棚倉城まつり」が行われます。
桜の咲き誇る中、地元の農産物をはじめとして、地元産品を中心とした出店が並びます。
当日は、武者行列が町内を練り歩き、火縄銃の演武などが披露されます。

つつじ

4月下旬から5月中旬にかけて、お堀の内外に色鮮やかなつつじの花が咲き誇ります。

紅葉

秋には土塁のもみじがお堀に映え、美しい景色を堪能できます。
また、追手門の跡付近の樹齢約620年の大ケヤキは、棚倉のシンボルとなっています。

名称

棚倉城跡(亀ケ城公園)

所在地

〒963-6131 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡
(無料駐車場:約100台、大型バス駐車可)

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは棚倉町観光協会です。

電話番号:0247-33-7886

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る