1. ホーム>
  2. 棚倉町観光協会>
  3. 観光スポット>
  4. 赤館城跡(赤館公園)

観光スポット

赤館城跡(赤館公園)

歴史

『赤館跡1』の画像 『赤館跡2』の画像 『赤館跡3』の画像

赤館城は、棚倉北部標高345mの丘陵地にあり、近世棚倉城が築城されるまではこの地を治めてきました。
丘陵地から眺める風景は、城下町棚倉の町並みが一望でき、また、公園の南側山麓には、「紫衣事件」で棚倉に配流された京都大徳寺の住職玉室和尚の草庵跡の碑があります。
中世の赤館に関する資料は極めて少なく、築城時期など判然としない点が多くありますが、唯一建武年中(1334~1338年)に赤館伊賀次郎が赤館城主であった記録から、赤館はこの頃すでに築かれていたことがうかがえます。

春には300本の桜が咲き、お花見を楽しめます。
(例年、4月上旬~中旬頃が開花時期です。)

公園

公園散策路、野外ステージ、花壇などがあり、町並みが一望できます。また、季節ごとに多種の花を楽しむこともできます。
バーベキューなどで火気を使用する場合は、町への申請が必要となります。(水道あり、調理施設なし)

公園使用申込書は、下記よりダウンロードできます。

名称 赤館(あかだて)跡(赤館公園)
所在地 〒963-6131
福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字風呂ケ沢 (無料駐車場あり)
おすすめ 桜の開花時期には、夜間ライトアップを行います。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは棚倉町観光協会です。

電話番号:0247-33-7886

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る