住民の方へ

在宅福祉

在宅福祉サービス

配食サービス事業

食事(昼食のみ)を提供することにより、安否の確認等を行います。

      
  • 対象者 おおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯並びに身体障害者であって調理が困難な方。
  •   
  • 利用回数 月~土曜日までの希望日(祝祭日、お盆8月13日から16日、年末年始12月28日から1月4日を除く)
  •   
  • 費用負担 1食あたり 400円

家族介護用品支給事業(紙おむつ支給)

在宅で要介護高齢者を介護している家族に対し、紙おむつを給付し家族の経済的負担を軽減します。

  • 対象者 おおむね65歳以上の在宅高齢者で、要介護度2から5と認定された方を介護している家族で、紙おむつを必要としている方。(毎月1日の時点で入院及び施設入所している方は除く)
  • 給付額象者

    1.生計中心者又は、申請者の町県民税額が120,000円以内であって、要介護度2又は3と認定された方 月額2,000円以内
    2.生計中心者又は、申請者の町県民税額が120,000円以内であって、要介護度4又は5と認定された方 月額3,000円以内
    3.要介護度4又は5に相当し、町県民税非課税に属する方 月額5,000円以内

  • 支給方法 事業の認定を受けた方の請求により、毎月介護用品支給事業利用券を交付します。(毎月15日までに交付を受ける)
  • 費用負担 利用券に記載されている支給限度額を超えた分については、全額自己負担。

寝具類等洗濯乾燥消毒サービス事業

寝具類等の衛生管理のための洗濯、乾燥消毒を行います。

  • 対象者 おおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯並びに身体障害者であって、寝具類の衛生管理が困難な方。
  • サービス方法 年2回実施します。
  • 費用負担 サービスに要した経費の3割負担

軽度生活援助事業

軽易な日常生活上の援助を行います。

  • 対象者 おおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯及び身体障害者、精神障害者のみの世帯並びにこれに準じた世帯であって、日常生活の援助を必要としている方。
  • 援助内容 外出・散歩時の援助、食事・食材等の確保等、大物の洗濯・日干し・クリーニングの洗濯物搬出入、家屋内の整理・整頓、家屋の軽微な修繕等、除草、草刈り、家周りの除雪、庭・生垣・庭木剪定等の手入れ
  • 費用負担 サービスに要した経費の3割負担

緊急通報体制等整備事業

緊急装置を貸与し、急病や災害のに緊急時に消防署や協力員に状況報告、援助活動を行います。また、委託先の緊急センターでは24時間体制で看護師や相談員が待機し、いつでも健康相談や心配ごと相談ができます。

  • 対象者 おおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者、ひとり暮らしの身体障害者等
  • 費用負担 基本料金及び通話料金

高齢者見守り標識(QRコードシール)利用事業

徘徊又は徘徊するおそれのある高齢者の情報を事前登録し、高齢者の情報が登録されたQRコードシールを衣服や持ち物に貼り付け、徘徊時の見守りと安全確保を図ります。

  • 対象者 徘徊又は徘徊するおそれのある、在宅で生活する高齢者
  • 費用負担 町民税課税世帯 実費、町民税非課税世帯 無料

老人日常生活用具給付等事業

ひとり暮らしの老人等に対し、日常生活用具等を貸与することにより日常生活の便宜を図ります。

  • 対象者 おおむね65歳以上の低所得者の寝たきり高齢者又は一人暮らし高齢者であって、防火等の配慮が必要な方。
  • 貸与できる日常生活用具等 老人用電話

高齢者にやさしい住まいづくり助成事業(住宅改修事業)

要介護(要支援)状態にならないよう、住宅改修を実施する方に対して、改修資金を助成します。

  • 対象者 60歳以上の高齢者(介護保険の対象者を除く)であって、その生計中心者の所得限度額が児童手当法の所得制限限度額以下である方。
  • 対象となる改修 手すりの取付け、段差の解消、すべり防止及び移動の円滑のための床材の変更、引き戸等へのとびらの取替え、洋式便器等への取替え
  • 助成金 工事費90%を助成(限度額18万円)

生きがい活動支援通所事業(デイサービス)

家に閉じこもりがちな高齢者に対して、日常動作訓練や趣味活動、入浴の提供などを行い、要介護状態になることを予防します。

  • 対象者 おおむね60歳以上の高齢者で家に閉じこもりがちな方。
  • 開設日時 週1回(火・水・金曜日のいずれかに参加) 午前10時から午後3時まで(送迎あり)
  • 費用負担 原材料費、食事代等

生活支援ショートステイ事業

要支援高齢者の援助を行っている家族が、社会的理由等によって援助ができない場合、家族に代わって一時的に施設でお世話します。

  • 対象者 おおむね60歳以上の要援助高齢者であって、要介護認定で自立と認定された方又は認定を受けていないが自立相当と認められる方。
  • 入所要件

    1.援助を行っている家族が、疾病、出産、冠婚葬祭、事故、災害、失踪、出張、転勤、看護、学校等の公的行事への参加のため、援助が出きない場合。
    2.要援助高齢者が単身世帯であって、一時的に体調が不良な状態の事情により一時的に宿泊の援助を必要とする場合。

  • 費用負担 事業に要した費用の1割及び食材費等

民生児童委員の安否確認

地区の民生児童委員が声をかけ、高齢者の安否確認を行います。

  • 対象者 一人暮らしの高齢者、寝たきり高齢者、身体障害者等

友愛訪問

老人クラブ会員相互で声かけを行い、お互いの安否を確認します。

  • 対象者 老人クラブ会員

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保健福祉センターです。

〒963-6131 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野68-1

電話番号:0247-33-7801

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る