1. ホーム>
  2. 住民の方へ>
  3. 住民の方へのお知らせ>
  4. 棚倉町耐震改修促進計画について

住民の方へ

棚倉町耐震改修促進計画について

棚倉町耐震改修促進計画の概要

 

 国は東日本大震災の教訓により大規模な地震の発生に備えて、建築物の地震に対する安全性の向上を一層促進するため「建築物の耐震改修の促進に関する法律の一部を改正する法律」により基本方針を改正しました。

 これを受け、県では平成28年3月に「福島県耐震改修促進計画」を改定したところであり、町においても町民の財産及び生命を守る観点から、今後発生が予想される大地震の被害を最小限に抑えるべく、特に木造住宅等の耐震化を総合的かつ計画的に促進するため、県と同じく平成28年3月に「福島県耐震改修促進計画」を改定しました。

 

『棚倉町耐震改修促進計画』の概要は以下のようになっております。

 ○計画期間は、平成28年度から平成36年度までの9年間。

 ○一般住宅の耐震化の目標を95パーセント(現在74.2パーセント)に設定し、

  耐震化を図ります。

  ※この目標を達成するための施策として

   ・木造住宅の耐震診断・改修費用の補助

   ・耐震改修時の税制優遇や住宅ローン減税等

   ・県や建築士と連携して住宅相談の実施などを行っていきます。

 

【お知らせ】

 ・木造住宅の耐震診断及び耐震改修を希望される方を募集します。(希望する方は9月末までに申請書を提出していただくことになります。)

 ・診断費用の大部分は町で負担しますが、一診断につき6,000円の個人負担が伴います。また耐震改修費用の補助については、耐震改修工事に要した費用の1/2以内の額で、以下の金額が上限となります。

    ・一般耐震改修工事 1,000,000円

    ・簡易耐震改修工事   600,000円

    ・部分耐震改修工事   600,000円

 ・応募者多数の場合は、次年度になる場合があります。

 ・条件については、下記のとおりです。

 ・詳しくは、町役場整備課都市計画係(33-2114)までお問い合わせください。

 

条件1 所有者が自ら居住する住宅。

条件2 昭和56年5月31日以前に建築士または、着工された戸建住宅。

条件3 在来軸組工法、伝統的工法、枠組壁工法等による木造3階建て以下の住宅。

条件4 過去にこの補助による耐震診断を受けていない住宅。

 

計画書ダウンロード

  棚倉町耐震改修促進計画(PDF: 1.05MB

 

―お問い合わせ―

 

整備課 都市計画係

TEL 0247-33-2114  FAX 0247-33-3715

E-mail:seibi@town.tanagura.fukushima.jp

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは整備課 都市計画係です。

〒963-6192 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野 33

電話番号:0247-33-2114

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る