1. ホーム>
  2. 町長の部屋>
  3. 平成29年 新年のごあいさつ

町長の部屋

平成29年 新年のごあいさつ

『『『年頭の挨拶』の画像』の画像』の画像

 明けましておめでとうございます。

 平成29年を迎え、町民の皆様におかれましては、健やかで輝かしい新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、日頃より町政に対しまして、温かいご理解とご協力を賜り心から感謝を申し上げます。

 私にとりましては、昨年実施された棚倉町長選挙で、町民の皆様の信任をいただき、引き続き町政を担うことになりました。気持ちを引き締めさらに町政にまい進してまいりますので、チーム棚倉の一員としてご支援くださるようよろしくお願いいたします。

 昨年は、「棚倉健康サミット」、脳活教室、認知症予防講座等を開催し、健康づくり・健康寿命延伸へ取り組みました。また、「ヘルスツーリズム」、「スポーツツーリズム」により交流人口拡大を図るため、モニターツアー等を実施しました。今後も、町民ひとりひとりが主体的に健康づくりに取り組み、医療費や介護費用の伸びを抑制するとともに、健康寿命の延伸を目指してまいります。

 平成29年度につきましては、豊かな自然環境と歴史遺産や数多くの文化遺産を「東北の小京都たなぐら」として、本町の魅力をおおいにPRしイメージアップを図る取り組みを進めてまいります。

 また、本町が、本来育んできた産業の再生や振興を図っていくシステムを構築し、安定した産業の維持・雇用の創出を目指すべく農商工の連携を強化し、6次化やブランド化に積極的に取り組んでまいります。そして豊かな地域資源を町民の皆様にも、自ら学び、後世に伝承・発展させ、住民皆がまちの魅力として発信し、誇りと愛着のもてるまちを目指します。

 次に、笑顔で元気に日常生活を過ごすため、各種検診の受診率の向上と各種予防接種に対する助成の充実を図り、公衆衛生の向上と健康増進に努めます。また、認知症の予防対策等の取り組みを推進してまいります。

 また、町立幼稚園3年保育の本格実施に向けた環境整備や棚倉保育園園舎新築事業に対する支援を行い、待機児童の解消と保育環境の充実に努めながら、地域の力を生かしたキャリア教育の推進を基盤とし、学力の向上・人間性豊かな心と健康な体を目標に各小中学校の特色ある学校づくりを目指します。 さらには、子育て世帯に対する住宅支援策の推進と子育てに要する育児用品の助成により経済的負担軽減を引き続き図ってまいります。

 また、道路改良や道路環境の整備を図り、日常生活における安全性や快適性、利便性の確保に努めてまいります。町営住宅につきましても長寿命化計画に基づく計画的な整備を進め、定住人口の創出を図ってまいります。さらに、地域防災力の強化を図るため、各地区に自主防災組織の設立を促進し、地域コミュニティ活動を支援し、安全で優しいまちを目指します。

 以上、事業計画の一端を申し上げましたが、これら事業を効果的に連携させ、限られた財源を重点的・優先的な事業に振り分けて取り組んでまいります。引き続き住民と行政の「協働」の仕組みを育てながら、住民が主役のまちづくりを目指し、自信をもって自慢できる棚倉町づくりを目指してまいりますので、なお一層のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 結びに、町民の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします

 棚倉町長 湯座 一平

Ippei Yuza

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは棚倉町です。

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る