住民の方へ

埋蔵文化財の取り扱いについて

埋蔵文化財包蔵地において開発行為をされる方

棚倉町内の埋蔵文化財包蔵地(敷地の全部、または一部)において土木・建設工事などを行う場合、できるだけ早いうちに棚倉町教育委員会生涯学習課まで、開発予定地が周知の埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうか等を照会・確認してください。

埋蔵文化財とは

埋蔵文化財とは、地中に埋蔵されている文化財のことです。遺跡は一度失われると元には戻らない貴重な「国民共有の財産」として「文化財保護法」で保護されています。

埋蔵文化財を末長く保護・活用し、私たちの子孫に伝えていくことは現代の私たちに課せられた責務であり、工事等を実施する開発者等はその保護に協力することが求められています。

埋蔵文化財の種類

出土する遺物によって土器・石器・塔墓等の有形文化財や有形の民俗文化財、そして貝塚や住居跡・古墳・城址等、また自然物であっても考古学上の意味を持つもの(貝類・獣骨)や化石・地質鉱物等も含まれます。

埋蔵文化財包蔵地とは

文化財を包蔵する土地を「埋蔵文化財包蔵地」といい、遺跡台帳・埋蔵文化財分布地図等に記載のある遺跡のほか、貝塚・古墳など外形的な判断ができるものや、学問的な調査研究・発掘・表面採集、また口伝・伝説等によって地域社会で広く認められている土地なども、埋蔵文化財包蔵地に含まれています。

埋蔵文化財包蔵地の検索

町内の埋蔵文化財包蔵地については独立行政法人国立文化財機構 奈良文化財研究所で公開している文化財総覧WebGISで確認することができます。

なお、下記の点に注意してご利用ください。

  • 文化財総覧WebGIS」の利用にあたっては必ず利用規約をご確認の上ご利用ください。
  • 文化財総覧WebGIS」は埋蔵文化財包蔵地の内容を証明するもの・範囲を確定するものではありません。権利や義務に関するもの、取引きの資料とするものなど、重要な情報、特に境界付近の情報等については町教育委員会でご確認ください。
  • 埋蔵文化財包蔵地は、発掘調査等により新たに発見されたり、内容が変更されることがあります。詳細・最新の情報につきましては、町教育委員会にお問い合わせください。

埋蔵文化財関係の届出様式

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)内で土木工事を行うときは、事前に文化財保護法に基づく手続きが必要となりますので、町教育委員会にご相談の上、下記リンク先よりダウンロードください。

福島県教育委員会文化財関係法令・届出様式等

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒963-6123 福島県東白川郡棚倉町大字関口字一本松58

電話番号:0247-33-0111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

棚倉町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?